イベントレポート 東北大学祭企画「ルービックキューブ広場」


 
 
triboxアンバサダー
武田 慶胤
 


こんにちは。triboxアンバサダー(東北)の武田慶胤(たけだ けいん)です。

今月11月3,4, 5日の3日間、第69回東北大学祭が開催されました。

私の所属する東北大学ルービックキューブサークルが、「ルービックキューブ広場」という企画で学祭に参加してきましたので、その様子をお伝えしたいと思います。


私たちの企画では、ルービックキューブ6面完成講座をメインとして、キューブアート、様々な立体パズルの試遊・展示、学術ポスターの展示を行いました。

6面完成講座では、配布用キューブ(ShengShou Legend 3x3x3)を240個と、同数の解法書をtriboxに提供してもらいました。来て頂いたお客様が、サークルスタッフと共に解法書を見ながら全面揃えることが出来た場合に、使用したキューブをプレゼントするという形式をとりました。

初日の3日(金)は祝日だったこともあり、予想をはるかに超える人の多さに驚くばかりでした。

(全体の様子)

(学術ポスターは数学科4年の石澤君が担当してくれました)

(6面完成講座の様子)

初日でなんと123個ものキューブを捌いちゃいました。提供してもらった数の半分です(笑)

たった1日でおよそ120人もの方が、はじめてルービックキューブを完成させることができたんですね。ちょっと感動です。

この勢いだと、最終日の分のキューブがなくなる!ということで、私がアンバサダーとして持っていた布教用のキューブと、サークルの方でキープしていた配布用キューブも合わせて残り2日間に備えました。

最終的には計300個を超えるキューブを配布したことになり、300人もの方々がマイキューブをゲットしたわけですね。すごく感動です。


お客様の、はじめてキューブを揃えられた時の喜びの表情は、何度見ても良いものですね。キューブをやっててよかった、みんなでサークルを一生懸命盛り上げてきた甲斐があったなと感じるひと時でした。

様々な立体パズルの展示・試遊や、学術ポスターにも興味を示してくれる方も多かったので、今回の企画は全体として大成功だったのではないかと思います。サークルメンバーのみなさん、本当にお疲れ様でした。

少しでも東北の、そして日本のキューブ界が盛り上がってくれるとうれしいですね!

来年以降もサークルとして学祭に参加していくつもりですので、お時間が合えばぜひ遊びにいらしてください!よろしくお願い致します。


カテゴリー: ニュース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

シェア