MoYu AoLong V2

ヂャンチーに勝つにはどうすればいいのか、MoYuはわかっているようです。
超過激なコーナーカットでトップキュービストたちを虜にしたAoLong V1。
このV2は、コーナーカットがおとなしくなった分、耐ピボット性能と安定感が飛躍的に向上しています。
注目すべきなのは、狭くなったはずのコーナーカットが、ヂャンチーよりもなお広いことです。
これだけのバランスを保ちながら、競技者が求めるコーナーカットの広さを確保するのは容易なことではありません。
ヂャンチーの堅実さが邪魔になってきたなら、次はアオロンV2が正解でしょう。

AL2_average
 
07312208_53da3fd54413e
まずは、評価者6名の評価を平均したグラフをご覧頂きました。続いて、各評価者によるグラフとコメントをご紹介しましょう。
皆様はMoYu AoLong V2をどのように評価されますでしょうか。
ご自分と評価が似ている評価者が見つかったら、ぜひその評価者のページをチェックしてみてください。
 


 
各評価者によるMoYu AoLong V2の評価
 



端村 航

特徴の少ない優等生キューブといった感じです。AoLong V1と比較してピボットがしにくくなっています。ただその分魅力の1つであったカッティングが普通程度になっており、個人的には残念です。全体的にZhanChiに近いという印象を受けました。
安定感は向上しており思いっきり回してもわりと大丈夫なので、30~15秒くらいの人にはオススメできると思います。しかしそれ以上のタイムの人にはあまりオススメできないように思います。
130_hashimura
triboxレビュー
端村 航さんのページ



大村 周平

総合力No.1。Aolongの不安定感が解消された。コーナーカットは若干悪くなっているので上級者ではv1とで好みがわかれるだろう。Zhanchiに代わるスタンダードとして、間違いなく今後の主力になりえる。
130_omura
triboxレビュー
大村 周平さんのページ



洲鎌 星

MoYu Aolongの新しいバージョンとして発売されたキューブです。V1で大きな問題となっていたコーナーのピボットは大幅に解消されました。また全体として前作とは大きく異なる印象を受けます。
パーツの丸みが全体としてなくなったことと0.5mmほどV1からサイズが大きくなったことでホールドの印象も全然違います。またパーツどうしの摩擦を大きく感じる回転になっていることも特徴として挙げられるでしょう。
回すのにかなり力がいるキューブであると感じました。

triboxレビュー
洲鎌 星さんのページ



佐島 優

AoLong V1の欠点が改善されているとのことですが、今回初めて触ってみて、個人的にはあまり回しやすいキューブとは思いませんでした。グニャグニャと思ってもみないところが回ります。また、独特の摩擦感があり、引っかかりも感じられます。回し込んでいくと化けるのかもしれません。初心者の方よりもどちらかというと中〜上級者の方にオススメします。

triboxレビュー
佐島 優さんのページ



飯田 朋也

見た目にそれほど差違はありませんが、その回し心地はかなり違っていてピボット耐性が向上しホールド感も以前より安定し改良されています。逆に言えば短所であり長所であった無茶が利く感じは減りました。回転の質もコーナーパーツの僅かな重量差とエッジの段差(安定感向上はコレ?)により若干変わっています。好みに寄る所でしょう。

triboxレビュー
飯田 朋也さんのページ



田渕 雄夢

初めて回した時の感覚は、安定感はあるけどあまりに重くてとてもではないけど回せないという感じでした。まずはねじの調節をしましたが相当緩めました。このときに絶妙なねじの緩め具合があり、それより45°でも締めると一気に重くなり、逆に45°でも緩めると一気に安定感がなくなるという印象を受けました。回しこむにつれて安定感を維持しながらも軽く自分の回したいように回ってくれるようになります。一時期メインキューブにしていました。

triboxレビュー
田渕 雄夢さんのページ



 
triboxストア
MoYu AoLong V2

商品ページを見る