MoYu AoLong GT

名作AoLongの名を冠し、ステッカーレス非対応構造で登場したモデル。
非常に硬質なキューブで、回し心地については好みが別れるようだ。
初めてのキューブとしてはおすすめし難いが、ぜひ一度試して頂きたい。「好きな人は好き」というキューブだ。

※回転の感触についてはデータが散らばっており、信憑性が低い。




※各項目の最大値と最小値は平均の算出に使用されません。
※数値は補正されています。例えば、安定感評価の全平均が5で、レビュアーAによる安定感評価の平均は7だったとします。この場合、レビュアーAの安定感評価はおよそ2ずつ下方修正されます。この補正により、全レビュアーの評価尺度を近づけています。


 
レビュアーからのコメント


 
 
大村 周平
総合評価 (68.9)


57mmモデルの中では若干サイズが大きく、最初は戸惑うかもしれない。
AolongV2のバランスの良さを受け継いだ上でコーナーカットが若干広くなっている。
パーツが分割されていないことによる堅い回し心地が好きならばこれだろう。
初期状態では回転が軽すぎるが、ある程度削れてくることで適正範囲に収まる。


 
 
高木 佑平
総合評価 66.9


開封直後の回し心地はとても軽く回りすぎてしまうため、扱いに困るかもしれないが、ある程度回し込むことによって安定感が出てくる。
また、サイズが少し大きいため手の大きさに左右されるだろう。


 
 
端村 航
総合評価 55.9


名前とは裏腹にAoLongV2とはそんなに似ていません。どっちかというとTangLongに近いです。
TangLongに比べて回転が軽い分安定性に少し欠け、その分操作に少し技術が求められそうですが、非常に高性能なキューブに仕上がっています。
少しサイズが大きく、僕はあまり好みではありませんでした。ただ逆に大きいサイズを求める人はほぼこれ1択じゃないかと思います。
それくらい良いキューブです。


 
 
佐島 優
総合評価 45.4


持った時にずっしりという印象。今までのAoLongよりも柔軟性の評価は高い。コーナーカットを広く、自由度が高くなったという感じ。
ただ、安定感や耐久性についてはHuaLongやTangLongに劣る感じがする。
ヌルヌルと動くのでそういう感触が好きな人には合っているかもしれない。
最近のキューブにしては珍しく直線的なデザイン。サイズ的にも、個人的にはこのキューブがメインになることはなさそうである。


 
 
上野 柊斗
総合評価 (32.9)


回し心地はガラガラとしており、他のキューブとは感触が違う。
滑らかに回るのが特徴だが、回りすぎてしまうことが多くコーナーカットもあまり良くないため、このキューブを扱うには高度な技量が必要だろう。



 
triboxストア
MoYu AoLong GT

商品ページを見る