MoYu AoLong V2

驚異的な柔軟性の高さで注目されたV1を安定化させたようなモデル、AoLong V2。
DaYan ZhanChiを完全に上回る性能が評価され、triboxストアの販売数ランキングでも比較的長い期間1位を記録し続けた。
ただし、今となってはこのキューブを買う理由は無い。販売数が多いため、比較のためにレビュー対象としている。




※各項目の最大値と最小値は平均の算出に使用されません。
※数値は補正されています。例えば、安定感評価の全平均が5で、レビュアーAによる安定感評価の平均は7だったとします。この場合、レビュアーAの安定感評価はおよそ2ずつ下方修正されます。この補正により、全レビュアーの評価尺度を近づけています。


 
レビュアーからのコメント


 
 
上野 柊斗
総合評価 (62.9)


少々重みを感じるキューブ。
V1と比べると、コーナーカットが悪くなり強引な回し方が出来なくなった代わりに、ピボットやPOPがしにくくなっている。
海外では未だ根強い人気があり、世界初の単発sub5もこのキューブによって達成された。


 
 
大村 周平
総合評価 53.9


全体的にバランスがいいモデル。
発売当初は将来性を感じたが、あれよあれよという間に次世代機が発売されてしまったためあまり陽の目を見ることはないのかもしれない。
悪いところはないが取り上げるべき良いところも見当たらない、平凡なキューブ。
現代での競技に値する最低ライン。


 
 
高木 佑平
総合評価 51.9


AoLong V1でのピボット耐性は改善されたものの、回転が重いため早く回そうとすると引っ掛かる。
DaYan ZhanChi同様、今となっては購入しなくて良いだろう。


 
 
端村 航
総合評価 45.9


これといって特徴がなく、良い意味でもなく悪い意味でもなく「とにかく普通」という印象のキューブです。
安定感はそれなりにあるので、初心者~中級者(20秒台くらい)の方にオススメです。
ただそれ以上のレベルの方にはあまりお薦めはできないかなと思います。


 
 
佐島 優
総合評価 (35.4)


ZhanChiに比べて安定感と耐久性が若干落ちるが、柔軟性が向上したキューブ。
とは言っても、最近のキューブと比べるとやはり型落ち感は否めない。
ある程度の速度の向上は望めるが、もっと高性能でなおかつ安価なキューブが出回っている今、このキューブを敢えて最初に選ぶ必要はなさそうである。



 
triboxストア
MoYu AoLong V2

商品ページを見る