洲鎌 星

2014年度のルービックキューブアジアチャンピオン、洲鎌さん。
コンスタントに8秒台を出すキュービストは、キューブの性能に何を求めているのか。
タイムは違うとしても、評価コメントは参考になるはずです。
IMG_1508
プロフィール
WCA ID: 2010SUGA01
twitter: @star0126time 「ツイッターアカウントです。気軽に質問どうぞ。」
2014年度ルービックキューブアジア大会優勝
2014年度ヨーロッパ選手権3x3x3片手部門3位入賞 他多数入賞
4x4x4日本記録保持者

コメント
ルービックキューブの世界に入ろうとする人に忘れてほしくないのは「楽しむこと」です。
私がここまでこの競技を続けてこれたのは練習をする、キューブを解くという行為が苦痛なものではなくとても楽しかったからです。
ときにはタイムが伸び悩んだり、練習をするのがつらくなったりする時期もあるかもしれませんが、そういう時は別に練習する必要なんてないのです。自分の好きな時にキューブをやれば十分です。
多くの異なるキューブに触れ自分の好みのキューブをみつけ、ルービックキューブをエンジョイしていただければなと思います。
 


 
メインキューブは MoYu WeiLong V1

WeiLongV1を使っています。
なんといっても回転の軽さが魅力です。
回転が軽すぎる故に回し始めたばかりだとホールドが安定しないことがありますが、慣れさえすれば回転の軽さが非常に大きな武器になります。
コーナーカットに関しても問題のないレベルになっていると思います。
また、WeiLongV1は新品と使い込んだものでは印象がかなり異なるキューブです。しばらく回しこんでいると初めの印象とはかなり違ったキューブになります。
 


 
洲鎌さんによる評価一覧

洲鎌さんの主観的総合評価が高いパズルから順に掲載しています。それぞれの主観的総合評価の関係は以下の通りです。
WeiLong V2 > YuLong >> AoLong V1 > Gans 3 V3 >> AoLong V2 >> ZhanChi > GuHong+ >> ShuangRen
 



MoYu WeiLong V2

自分がWeiLongV1を使っているからか、一番回しやすいキューブと感じました。
全体としてV1よりかなり落ち着いたキューブで、回転がV1ほど軽くない分安定感もあります。
ほんのすこしだけ内部がボコボコした回し心地ですが、シリコンスプレーやグリスをしっかり入れるとより回しやすくなるでしょう。

 
triboxストア
MoYu WeiLong V2

商品ページを見る
-詳しい評価を見る



YJ YuLong

少し回転面が本体から浮いている感じがあります。
その独特な感触からあまりいい印象を受けないかもしれませんが、AoLongと同じようにタイムは出るキューブです。
少し変なことを言うと独特の廻し心地ながら全体として落ち着いています。

 
triboxストア
YJ YuLong

商品ページを見る
-詳しい評価を見る



MoYu AoLong V1

よくピボットが多発すると言われるが、ある程度ねじを締めてさえいればそこまで多発しません。ただし、ねじを締めれば当然回転の軽さとコーナーカットが犠牲になるのでそこがこのキューブの難しいところです。また、今までのMoYuシリーズと比べパーツに丸みがついているので少しホールドがしづらいです。YJ YuLongと少し似ています。自分にとってはあまり回しやすいキューブとは言えませんが、いいタイムが出るあたりやはりいいキューブであると言えるでしょう。

 
triboxストア
MoYu AoLong V1

商品ページを見る
-詳しい評価を見る



Gans Puzzle Gans 3 V3

Gans3 V2の後継機として発売されたモデルです。
以前触ったこともあり、triboxから発売されるのを楽しみにしていたのですが、以前に触っと時とは印象が全然違いました。
異常なまでの回転の軽さとコーナーカットにより、ソルブが全然安定しません。手に入れた直後の状態ではまともに扱うことはほぼ不可能でしょう。ただその分回転の軽さとコーナーカットの良さは武器になります。回転が重くなるようにネジを緩めたりグリスを入れたりして調整しましょう。
ある程度調整が必要であると思われるので初心者にはお勧めできません。

 
triboxストア
Gans Puzzle Gans 3 V3

商品ページを見る
-詳しい評価を見る



MoYu AoLong V2

MoYu Aolongの新しいバージョンとして発売されたキューブです。V1で大きな問題となっていたコーナーのピボットは大幅に解消されました。また全体として前作とは大きく異なる印象を受けます。
パーツの丸みが全体としてなくなったことと0.5mmほどV1からサイズが大きくなったことでホールドの印象も全然違います。またパーツどうしの摩擦を大きく感じる回転になっていることも特徴として挙げられるでしょう。
回すのにかなり力がいるキューブであると感じました。

 
triboxストア
MoYu AoLong V2

商品ページを見る
-詳しい評価を見る



DaYan ZhanChi

発売されて以来長い間第一線で使われてきたキューブ。
非常に安定感があり、今でも十分通用するキューブです。
ただ最近発売されたものと比べると、全体的に「硬い」といった印象を受けます。

 
triboxストア
DaYan ZhanChi

商品ページを見る
-詳しい評価を見る



DaYan GuHong+

回転の軽さ、安定感といった面では優れていますが、こちらもZhanChiと同じく硬いといった印象を受けます。
以前メインキューブとして使用していましたが、回しこめば回しこむほど内部が削れて丸くなるので使い心地も変わってきます。調整も含めてかなり違ったキューブになる可能性を持っています。

 
triboxストア
DaYan GuHong+

商品ページを見る
-詳しい評価を見る



FangShi ShuangRen V2

パーツ同士の摩擦をあまり感じさせない回転をします。
ゆっくりまわしている間は普通のキューブといった感じがありますが、速く回すとピボットや引っ掛かりが目立ってきます。
また、エッジパーツの辺の長さが違うためか、回しづらい部分があります。

 
triboxストア
FangShi ShuangRen V2

商品ページを見る
-詳しい評価を見る


端村 航 大村 周平 洲鎌 星 佐島 優 飯田 朋也 田渕 雄夢