佐島 優

北陸支部のエース、佐島さん。2013年度のルービックキューブ日本チャンピオンです。
2005年からの古参でありながら、日々練習を続け、着実にタイムを伸ばしてきた努力の天才でもあります。
ボリュームのある評価コメントは情報満載、必読です。
IMG_1508
プロフィール
WCA ID: 2008SAJI01
twitter: @ sajiminx 「大会などでお会いした際には、気軽に声をかけてください!」
筑波大学ルービックキューブ同好会 TsuCube 初代代表
2013年度ルービックキューブ日本大会優勝 他多数入賞
4x4x4日本記録保持者(単発)

コメント
私は2005年からスピードキューブを始め、今年で早9年目となりました。当初センターパーツはクギ式で簡単に調整できるものはほとんどなく、色々と試行錯誤してどうすれば回転が軽くなるか、POPを抑えられるかということに悪戦苦闘していましたが、今はキューブが進化し悩む必要がなくなりました。しかし今度はキューブの種類が増えすぎて、どれを使ったらいいか悩む…そんな時代になりました。
今回初めてレビューをしてみてわかったことは、自分にとって最適なキューブは結局のところ好みの問題であり、あくまで自分自身で決めるべきということです。いいなと思ったキューブをできれば幾つか購入してみて、比較してみてください。我々のレビューが、皆さんにとって最高のキューブを見つける際のお役に立てれば幸いです。
 


 
メインキューブは MoYu WeiLong V2 54.5mm

メインキューブはMoYu WeiLong V2 54.5mmです。私は手が小さい方なので、この54.5mmという少し小さいサイズのものをメインで使っています。WeiLong V2のところでレビューしましたが、非常に回転が軽く、なおかつ安定感も兼ね備えたキューブです。ただ、調整の仕方が悪いのか、それともこのサイズ特有のものかは分かりませんが、コーナーピボットがやや多いです。うまく回す事ができればピボットも回避はできますが、慌てたり、焦ったりしてしまうと頻発します。中〜上級者向けのキューブです。
 


 
佐島さんによる評価一覧

佐島さんの主観的総合評価が高いパズルから順に掲載しています。それぞれの主観的総合評価の関係は以下の通りです。
Thunderbolt ≧ WeiLongV2 > YuLong ≧ HuaLong >> GuHong+ ≧ ZhanChi ≧ AoLongV1 > Gans 3 V3 > AoLongV2 >> ShuangRen
 



MoFangGe Thunderbolt

開封直後に触った瞬間、これは値段に似つかず素晴らしいキューブという印象を受けました。ネジ調節なしで安定感抜群、POP・ピボット耐性良し、コーナーカット良しと、どれをとっても高評価をつけざるを得ません。WeiLongとHuaLongの良いとこどりをしたような感じで、昔のTypeF-IIの回し心地になんとなく似ています(覚えている方がいればいいのですが)。F-IIのコーナーカットをさらに向上させPOP耐性もあげたような感覚。多少乱暴に扱っても、回転が指についてきてくれて心地良いです。私は、このThunderboltが自身のメインキューブになる予感すらしていて、このキューブがこれだけの低価格で提供されることに驚きを隠せません。誇張し過ぎのレビューに聞こえるかもしれませんが、すべて真実です。

 
triboxストア
MoFangGe Thunderbolt

商品ページを見る
詳しい評価を見る



MoYu WeiLong V2

MoYuの代表作とも言えるこのモデル。私がメインで使っているものです。かなりウェットな質感ですが、非常に回し心地はスムーズで、スルスルと回ります。そのため、初心者の方にはやや扱いづらいかもしれませんが、この軽さに慣れることができればタイムが飛躍的に向上するかもしれません。グリース等を少々入れることで好みの回し心地を作ることが出来ると思います。今回57mmを使用しレビューしましたが、手の小さい方やお子様には54.5mmをオススメします。

 
triboxストア
MoYu WeiLong V2

商品ページを見る
詳しい評価を見る



YJ YuLong

独特のクリック感があり、そのため回す音が結構します。POPやピボットの不安はほぼ皆無で、力を入れて回す人には向いていると思います。WeiLongがヌルヌルと動くのに対し、こちらはジャコジャコと回るといった感じで、この回し心地がクセになり好きになる人も多いかと思います。初心者の方から上級者の方まで広くオススメできるキューブです。

 
triboxストア
YJ YuLong

商品ページを見る
-詳しい評価を見る



MoYu HuaLong

AoLongのコーナーカットと回転の軽さをさらに向上させたようなキューブ。独特のクリック感がありジャコジャコと回ります。安定感はGans3よりは高く、AoLongやWeiLongよりは低いという印象です。スピードに乗ったときの感覚が非常に心地良いです。使いこなすのが少し難しく、やや上級者向けのキューブだと思います。既存のキューブに物足りなさを感じている方や、タイムが伸び悩んでいる方は、試す価値がありそうです。

 
triboxストア
MoYu HuaLong

商品ページを見る
詳しい評価を見る



DaYan GuHong+

Dayan GuHongの改良版モデル。GuHongよりもさらに回転が軽くなって、カラカラとした回し心地になっています。コーナーカットは若干他のキューブに対して劣りますが、その分、POPやピボットはほぼ皆無で、安心して回すことができます。少し回転が軽すぎる場合はグリース等を入れるといいかもしれません。ホールドに若干技術を要するかと思います。十分第一線で通用するキューブで、個人的にはZhanChiより好みです。

 
triboxストア
DaYan GuHong+

商品ページを見る
詳しい評価を見る



DaYan ZhanChi

一時期時代を席巻したキューブ。以前は削れやすい素材でしたが、現行のものは素体のプラスチックが少し変わり、さらに回転が軽くなっている印象を受けます。ずっしりとした重量感と安定感があります。最近のキューブ特有のコーナーピボットは全くないようですが、なぜかPOPが少しあります。ネジの調整でPOPのリスクを抑えられるかもしれません。MoYuにトレンドを奪われたかに思いましたが、現在でも十分第一線で通用するキューブです。初心者から上級者までオススメできるモデルです。
ちなみに私は片手用に50mm、足用に57mmのものを使っています。

 
triboxストア
DaYan ZhanChi

商品ページを見る
詳しい評価を見る



MoYu AoLong V1

MoYu WeiLongの後継版として発表されたモデルです。WeiLongより回転の軽さが劣りますが、コーナーカットと安定感が向上しているように思います。パーツ同士の接地面はWeiLongより少なく、カラカラという乾いた回し心地で、WeiLongのヌルヌルした感じと対照的になっています。ピボットやPOPはほぼ皆無に感じられ、非常に安心して回せます。初心者から上級者までオススメできます。

 
triboxストア
MoYu AoLong V1

商品ページを見る
詳しい評価を見る



Gans Puzzle Gans 3 V3

V2で既に高評価だった回転の軽さ、コーナーカットが、V3になってさらに飛躍的に向上しました。その代償として、耐POP、ピボット性能が非常に悪いです。初期状態だと軽すぎて制御しづらいため、グリース等を入れて軽さを調節すると個人的に好みの回し心地になります。スピードに乗ったときの最高速は群を抜くものがあります。可能性を感じます。
コアはネジ式ではなく六角ナットになっています。調整には苦労するかもしれませんが、POPやピボットを防ぎたいという場合は調整するべきだと思います。

 
triboxストア
Gans Puzzle Gans 3 V3

商品ページを見る
詳しい評価を見る



MoYu AoLong V2

AoLong V1の欠点が改善されているとのことですが、今回初めて触ってみて、個人的にはあまり回しやすいキューブとは思いませんでした。グニャグニャと思ってもみないところが回ります。また、独特の摩擦感があり、引っかかりも感じられます。回し込んでいくと化けるのかもしれません。初心者の方よりもどちらかというと中〜上級者の方にオススメします。

 
triboxストア
MoYu AoLong V2

商品ページを見る
詳しい評価を見る



FangShi ShuangRen V2

回し込んでいくうちに湿感が変わっていくかと思いますが、初期状態ではかなりカラカラしています。グニャグニャと意図しないところが回りますので、ホールドにかなりの技術を要します。かなり力を抜いて回すとうまく回りますが、力を入れて回すという人や大会で力んでしまう人には向いていないと思います。また、調整で多少は改善するかもしれませんが、ピボットのリスクは拭えません。安定感もありませんので、初心者の方には向いていないと思いますし、上級者向けだと思います。なおM列が回しやすいため、LBLよりRouxに向いているとの意見があります。

 
triboxストア
FangShi ShuangRen V2

商品ページを見る
-詳しい評価を見る


端村 航 大村 周平 洲鎌 星 佐島 優 飯田 朋也 田渕 雄夢