3x3x3 回転記号

キューブパズルの手順は、「R U R’」というように、回転記号という文字で表現されます。
まずは、6つの面に割り振られたアルファベットを紹介します。ここで完璧に覚える必要はありません。

Face
F: 前面 (front)
B: 後面 (back)
R: 右面 (right)
L: 左面 (left)
U: 上面 (up)
D: 底面 (down)

基本4回転

「R」を例に上げて、回転記号の意味を説明していきます。
R、R’、R2、Rwの4つが基本です。

「R」はR面を時計回りに90度回すという意味です。
「R’」はR面を反時計回りに90度回す
「R2」はR面を180度回すという意味です。
R

Rw
「Rw」は、R面の2層を時計回りに90度回すという意味です。
では、「Rw2」や「Rw’」はどういう回転を表すでしょうか。
「’」や「2」、「w」の意味から推定できるはずです。

まとめ
F、B、R、L、U、Dに何もついていなければ、その面を時計回りに90度回す
「’」がついていれば、反時計回りに90度回す
「2」がついていれば、180度回す
「w」がついていれば、奥の層と一緒に2層回す

少しむずかしい裏3面

裏のB、L、Dは、そもそもどちらが時計回りなのか、初めのうちはなかなか慣れないかもしれません。
そういうときは、例えば、L面を正面から見てみます。
これならどちらが時計回りか簡単にわかりますね。
どちらが時計回りかを覚えながら…キューブを元の向きに戻します。
F

これが「L」です。
時計回りとは、”その面を正面から見たときの時計回り方向“なのです。
B、Dについても確認してみましょう。
この回転方向の感覚は、手順を覚えているうちに身につきます。
L

スライスムーブ

使用頻度は他より低いですが、キューブパズルの真ん中の層を回転させる記号が3種類あります。

M S E
M S E

図はいずれも、正回転90度の回転を表しています。(時計回りの概念はありません)
「’」が付くと逆回転90度、「2」が付くと180度の回転を表します。
Mだけは回転の方向を覚えておきましょう。

持ち替え記号

手順の最初や途中に、x、y、z、あるいは(r)、(u)、(f)という記号が出てくることがあります。
これらは持ち替え記号というものです。文字通り、キューブを持ち替える動作を表します。

xyz
triboxでは海外のサイトと同様に、x、y、zを使用します。
x,yに比べてzの向きが覚えにくいかもしれません。あまり見慣れない座標軸の位置関係ですが、「ホワイトボードにxy座標系を書いたらz軸が飛び出してきた」といった感じでしょうか。
これら3つにも、「’」や「2」がついて、x’、x2というように使われます。
この意味はもう大丈夫ですね。
xy