Rubik’s Speed Cube (RSC) 3x3x3 2019

2019年1月発売 (モデルチェンジ)、2019年4月レビュー




※各項目の最大値と最小値は平均の算出に使用されません。
※数値は補正されています。例えば、安定感評価の全平均が5で、レビュアーAによる安定感評価の平均は7だったとします。この場合、レビュアーAの安定感評価はおよそ2ずつ下方修正されます。この補正により、全レビュアーの評価尺度を近づけています。


 
レビュアーからのコメント


 
 
竹村 篤人
総合評価 (75.2)


高い密着感と滑らかな回転が特徴であるキューブ。
その密着感と少し大きめのサイズからか、回転の「重い」とは違った「重い」を感じてしまうところはあるが(気が重いというときの「重い」に近い)、流石GANの技術力である。
コンスタントに速いタイムを出すことができる。
そのうえしっかりとRubik’sの面影も残しており、かつてRubik’sのキューブを使用していた身としても手に取ったとき非常に感慨深かった。
1つは持っておきたいキューブのひとつである。


 
 
高木 佑平
総合評価 72.9


以前のモデルと比べてザラザラしていて滑り易かったタイルが改良されホールドしやすくなったことと、コーナーキューブの内部構造が改善されている。
Rubik’sブランドのキューブとしては非常に優れていると感じるが価格帯や他の磁石入りキューブと比較してしまうと購入しなくても良いでしょう。


 
 
入船 朝斗
総合評価 70.6


Rubikブランドの競技用キューブであるRSCがアップデートされた。前モデルと比べて格段に回しやすくなっており驚いた。
タイルはサラサラでマットなものから光沢感のあるものに変更されホールドしやすくなった。
コーナーの足にはGANの最新キューブにも採用されているハニカムデザインが施されており以前より回転が軽く滑らかになった。
マグネットキューブが主流となった現在では競技用として選ばれることは少ないと考えられるため点数は低めにつけたが、お店で買えるキューブがハイエンドキューブと変わらないタイムを出せるレベルに到達したことは喜ばしいことである。


 
 
大村 周平
総合評価 69.7


このクオリティが一般的な店頭でも販売されているのはすばらしいが、競技者目線での性能はごくごく平凡。
とは言っても一昔前のキューブに比べれば格段に回しやすく、いかに昨今のハードウェア開発生存競争が激しいかがわかる。
仮に磁力があったとしても回すたびにガタつきを感じるようなデザインで、磁力アシストに慣れきってしまった今では非常に気に障る。


 
 
端村 航
総合評価 69.2


回転が重め・柔軟性が扱いやすいが、スピードは出づらい。また、GESが1種類でドライバーが付属していない・蓋が異常に外しづらいなど、メンテナンス性も低い。
たまたまおもちゃ屋で見かけて買うくらいの人には向いているかと思うが、triboxを知っているくらいのレベルの人が買うようなものではない。
もっと競技向けのキューブを買った方がいいと思う。
ただ頑丈さは相当良さそうなので、外に持ち歩くなどの用途には向いているかもしれない。


 
 
佐島 優
総合評価 (61.4)


回していて柔軟性が低く、かなり””堅い””キューブという印象。GANのオクトパスコアとGESを採用しているので専用の器具があれば調節は可能だ。
コーナーカットは他メーカーのフラッグシップと比較すると小さめで、また力むと別の面が回ってしまうなど安定感にも欠ける。
最近のトレンドであるマグネットも入っていない。
玩具用としてなら耐久性も高く評価できるが、スピードキューブのためにあえてこのパズルを買う必要はないだろう。



 
triboxストア
Rubik’s Speed Cube (RSC) 3x3x3 2019

商品ページを見る