初めてのルービックキューブ

7ステップで解くルービックキューブ(PC版)

スマホ・タブレット版はこちら

ルービックキューブの難しさは、割り算の難しさに少し似ています。
皆さんが筆算や電卓を知らないなら、数ケタの割り算とルービックキューブは、同じく”絶対に解けないもの”として映るかもしれません。
今回は、筆算のように便利な、ルービックキューブの解き方、解法を紹介します。
本解法書で紹介する手順だけを使ってルービックキューブを解く様子を撮影してみました。

ターゲットを絞る

ルービックキューブの難しさは、”コレを揃えるとアレが崩れる“というところにあります。
ですから、”コレ”だけを操作するための手順と、その使い方について学ぶことにしましょう。
今後、”コレ”のことを”ターゲット“と呼びます。

長いと感じたらスキップ

この解法は基本的に、文章による説明が要らないほど簡単です。説明文は適宜読み飛ばしていくのが良いでしょう。
また、ページ上部にもジャンプ用のオレンジのボタンがありますから、まずは”実践”のみ、ステップ7まで読んでみるといいかもしれません。

始める前に

初めのステップ”クロス”に入る前に、ルービックキューブの構造を紹介しましょう。
写真のように、ルービックキューブ内部には”コア“と呼ばれるパーツがあり、
ステッカーが1枚だけ貼ってあるパーツ、”センター“が繋ぎ止められています。
ですから、赤の反対はオレンジというように、位置関係が決まっています。
このことを覚えておくと”クロス”の理解が簡単になります。


  
START!


 

  
GOAL!